水色のスーツケース
歌 懐メロパパ
作詞 井田誠一  作曲 利根一郎
昭和26年
1 何処かで誰かが 呼ぶようで
  そんな気がして 旅に出た
  水色の スーツケースの中には
  消えた悲しい 恋の花束
  ああ 大空に 雲は白く流れて
  はてしなく 汽車は走るよ


2 何だか 誰かに逢えそうな
  そんな気がして 旅に出た
  水色の スーツケースの中には
  ひめた想いの 歌の数々
  ああ 高原に 風は青く香りて
  夢のごと 汽車は走るよ


3 南の国には しあわせが
  あると誰かが 言っていた
  水色の スーツケースの中には
  数えきれない 夢の花束
  ああ 海原に 淡く鴎群れ飛び
  はるばると 汽車は走るよ