からたち日記
 歌 ジョン
作詩 西沢 爽  作曲 遠藤 実
昭和33年 
1 こころで好きと 叫んでも
  口ではいえず ただあの人と
  小さな傘を かたむけた
  ああ あの日は雨 雨の
  小径に 白い仄(ほの)かな
  からたち からたち からたちの花


  「幸せになろうね、あのひとはいいました。
   私は小さくうなずいただけで胸がいっぱいでした」


2 くちづけすらの 想い出も
  のこしてくれず 去りゆく影よ
  単衣の袖を かみしめた
  ああ あの夜は霧 霧の
  小径に 泣いて散る散る
  からたち からたち からたちの花


  「このまま別れてしまってもいいの、でもあの人はさ
   みしそうに目をふせて、それから思い切るように霧
   の中に消えていきました。さよなら初恋、からたち
   の花が散る夜でした」


3 からたちの実が 実っても
  別れた人は もう帰らない
  乙女の胸の 奥ふかく
  ああ 過ぎゆく風 風の
  小径に いまは遙かな
  からたち からたち からたちの花


  「いつか秋になりからたちには、黄色の実がたくさん
  実りました。今日もまた私はひとりこの道を歩くので
  す。きっとあの人が帰ってきそうな、そんな気がして
  ……」