め ん こ い 仔 馬
懐メロパパ
作詩 サトウハチロー 作曲 仁木他喜雄
昭和16年
1 濡れた仔馬の たて髪を
  撫でりや両手に 朝の露
  呼べば答えて めんこいぞ オーラ
  駈けて行こかよ 丘の道
  ハイド ハイドウ 丘の道


2 藁の上から 育ててよ
  いまじゃ毛並も 光ってる
  お腹をこわすな 風邪ひくな オーラ
  元気に高く 嘶いてみろ
  ハイド ハイドウ 嘶いてみろ


3 紅い着物(べべ)より 大好きな
  仔馬にお話 してやろか
  遠い戦地で お仲間が オーラ
  手柄をたてた お話を
  ハイド ハイドウ お話を


4 西のお空は 夕やけだ
  仔馬かえろか おうちには
  お前の母さん 待っている オーラ
  唄ってやろかよ 山の唄
  ハイド ハイドウ 山の唄


5 明日は市場か お別れか
  泣いちゃいけない 泣かないぞ
  軍馬になって  行く日には オーラ
  みんなで万歳 してやるぞ
  ハイド ハイドウ してやるぞ