歩 兵 の 本 領
歌 ヘム
作詩 加藤明勝  作曲 永井建子
明治44年 
1  万朶(ばんだ)の桜か襟の色
  花は吉野に嵐吹く
  大和男子(やまとおのこ)と生まれなば
  散兵線の花と散れ


2 尺余の銃(つつ)は武器ならず
  寸余の剣(つるぎ)何かせん
  知らずやここに二千年
  鍛えきたえし大和魂(やまとだま)


3 軍旗まもる武士(もののふ)は
  すべてその数二十万
  八十余ヶ所にたむろして
  武装は解かじ夢にだも


4 千里東西波越えて
  我に仇なす国あらば
  港を出でん輸送船
  暫(しば)し守れや海の人


5 敵地に一歩我踏めば
  軍の主兵はここにあり
  最後の決は我が任務
  騎兵砲兵共同せよ


6 アルプス山を踏破せし
  歴史は古く雪白し
  奉天戦の活動は
  日本歩兵の粋と知れ


7 携帯口糧あるならば
  遠く離れて三日四日
  曠野千里にわたるとも
  散兵戦に秩序あり


8 退く戦術(こと)はわれ知らず
  みよや歩兵の操典を
  前進前進また前進
  肉弾とどく所まで


9 わが一軍の勝敗は
  突喊(とっかん)最後の数分時
  歩兵の威力はここなるぞ
  花散れ勇め時は今


10 歩兵の本領ここにあり
  ああ勇ましの我が兵科
  会心(えしん)の友よ来たれいざ
  ともに励まんわが任務