南 の 花 嫁 さ ん
歌 Komimi
作詩  藤浦 洸  作曲  任 光
昭和17年
1 合歓の並木を お馬の背に
  ゆらゆらゆらと
  花なら赤い カンナの花か
  散りそで散らぬ 花びら風情
  隣の村へ お嫁入り
  「お土産はなあに」
  「籠のオウム」
  言葉もたったひとつ
  いついつまでも


2 椰子の葉陰に 真赤な夕陽が
  くるくるくると
  まわるよ赤い ひまわりの花
  たのしい歌に ほほえむ風情
  心はおどる お嫁入り
  「お土産はなあに」
  「籠のオウム」
  言葉もたったひとつ
  いついつまでも


3 小川の辺 お馬を止めて
  さらさらさらと
  流れにうつす 花嫁すがた
  こぼれる花か 花かんざしに
  にっこり笑う お月さま
  「お土産はなあに」
  「籠のオウム」
  言葉もたったひとつ
  いついつまでも