傷だらけの人生
歌 小林 清
作詩 藤田まさと  作曲 吉田 正
昭和36年
古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

1 何から何まで 真っ暗闇よ
  筋の通らぬ ことばかり
  右を向いても 左を見ても
  馬鹿と阿呆の 絡み合い
  どこに男の 夢がある


好いた惚れたとけだものごっこが罷(まか)り通る世の中でございます。
好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの……こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかねえ。

2 一つの心に 重なる心
  それが恋なら それもよし
  しょせんこの世は 男と女
  意地に裂かれる 恋もあり
  夢に消される 意地もある


なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが、
そういう私も日陰育ちのひねくれ者、
お天道様に背中を向けて歩く、馬鹿な人間でございます。

3 まっぴらご免と 大手を振って
  歩きたいけど 歩けない
  いやだいやです お天道様よ
  日陰育ちの 泣きどころ
  明るすぎます おいらには