夜がわらっている
歌 霧子
作詩 星野哲郎  作曲 船村 徹
昭和33年 
1 酒があたいに 惚れたのさ
  ふられたあたいに 惚れたのさ
  きらいさ きらいさ 
  酒なんて 大きらいさ
  夜がクスクス わらうから
  飲めるふりして 飲んでるだけさ


2 愚痴があたいを 責めるのさ
  昔の約束ァ どうするってさ
  きらいさ きらいさ
  愚痴なんて 消えちゃいな
  夜がジロジロ 見てるから
  ちょっとしんみり してみただけさ


3 夢があたいに からむのさ
  まことの心を きかせろってさ
  きらいさ きらいさ
  恋なんて まっぴらだ
  夜がゲラゲラ わらうから
  口惜し涙が こぼれるだけさ