細  雪
歌 孫すずめ
作詩 吉岡 治  作曲 市川昭介
昭和58年 
1 泣いてあなたの 背中に投げた
  憎みきれない 雪の玉
  いまもこの手が やつれた胸が
  おとこの嘘を 恋しがる
  抱いて下さい もう一度 あゝ
  外は 細雪


2 不幸つづきの おんなに似合う
  掴むそばから 消える雪
  背中合わせの ぬくもりだって
  あなたがいれば 生きられる
  夢のかけらが 散るような あゝ
  外は 細雪


3 酔ってあなたが わたしにくれた
  紅がかなしい 水中花
  春になったら 出直したいと
  心にきめて みれん酒
  お酒下さい もう少し あゝ
  外は 細雪