い と し あ の 星
歌 小林 清
作詩 サトウハチロー  作曲 服部良一
昭和14年
1 馬車が行く行く 夕風に
  青い柳に ささやいて
  いとしこの身は どこまでも
  きめた心は かわりゃせぬ

2 暗いランプの 灯のかげで
  たより書くのも なつかしや
  いとし返事は なんとする
  母も行くよと くるかしら

3 驢馬の鳴くのに 起こされて
  窓をあければ 朝の星
  いとしあの星 あの瞳
  今日の占い なんと出る

4 夢でみたみた いつかの夜
  夢で話した その人は
  骨も命も この土地に
  みんな埋めよと 笑い顔