シベリア・エレジー
歌 懐メロパパ
作詩 野村俊夫  作曲 古賀政男
昭和23年
1 赤い夕陽が 野末にもえる
  ここはシベリア 北の国 
  雁がとぶとぶ 日本の空へ 
  俺もなりたや ああ あの鳥に


2 月も寒そな 白樺かげで 
  誰が歌うか 故国(くに)のうた 
  男泣きする 抑留ぐらし 
  いつのいつまで ああ つづくやら


3 鳴いてくれるな シベリア鳥 
  雲を見てさえ 泣けるのに 
  せめて一言 故郷の妻へ 
  音便(たより)たのむぞ ああ 渡り鳥