旅 の 夜 風
歌 小林 清&てんてん
作詩 西条八十  作曲 万城目 正
昭和14年
1 花も嵐も 踏み越えて
  行くが男の 生きる道
  泣いてくれるな ほろほろ鳥よ
  月の比叡を 一人行く


2 優しかの君 ただ独り
  発(た)たせまつりし 旅の空
  可愛い子供は 女の生命
  なぜに淋しい 子守唄


3 加茂の河原に 秋長(た)けて
  肌に夜風が 沁(し)みわたる
  おとこ柳が なに泣くものか
  風に揺れるは 影ばかり


4 愛の山河 雲幾重
  心ごころは 隔てても
  待てば来る来る 愛染かつら
  やがて芽をふく 春が来る