アケミという名で十八で
歌 小林 清
作詩 西沢 爽  作曲 遠藤 実
昭和48年
1 波止場で拾った 女の子
  死にたいなんて 言っていた
  アケミという名で 十八で
  俺と暮らした 三日目に
  もとの男へ 行っちゃった
  けとばせ波止場の ドラムカン
  自棄で歌った 浪花節 ああ
  淋しいぜ


2 ごめんなさいと 走り書き
  女の匂いが 残るだけ
  一間のオンボロ アパートを
  どんなつもりか 知らないが
  花を飾って 消えちゃった
  けとばせ波止場の ドラムカン
  自棄で歌った 浪花節 ああ
  淋しいぜ


3 夜霧の波止場じゃ 影もない
  遠くで霧笛が むせぶだけ
  アケミという名の 変な娘が
  もしもどこかで 泣いてたら
  待っているぜと 言ってくれ
  けとばせ波止場の ドラムカン
  自棄で歌った 浪花節 ああ
  淋しいぜ