悲 し い 酒
歌 風かおる
作詩 石本美由起  作曲 古賀政男
昭和41年 
1 ひとり酒場で 飲む酒は
  別れ涙の 味がする
  飲んで棄てたい 面影が
  飲めばグラスに また浮かぶ


(台詞)
  ああ別れたあとの心残りよ
  未練なのね あの人の面影
  淋しさを 忘れるために
  飲んでいるのに 酒は今夜も
  私を悲しくさせるの 酒よ
  どうしてどうして あの人を
  あきらめたらいいの
  あきらめたらいいの


2 酒よこころが あるならば
  胸の悩みを 消してくれ
  酔えば悲しく なる酒を
  飲んで泣くのも 恋のため


3 一人ぽっちが 好きだよと
  言った心の 裏で泣く
  好きで添えない 人の世を
  泣いて怨んで 夜が更ける