かすりの女と背広の男
歌 懐メロパパ
作詩 黒田すすむ(補作詩 横井弘)作曲 吉田矢建治
昭和34年 
1 かすりの女(むすめ)と 背広の男
  指切りしていた 別れの港
  小島の鴎も 椿の花も
  見て見ぬふりした その涙


2 都と小島に 三年すぎた
  泣き泣きかすりは お嫁に行った
  来なけりゃいいのに 背広の男
  今頃ひょっこり やって来た


3 浮世の常さと 汽笛が鳴った
  あきらめなされと 南風(南)が吹いた
  どうなることかと 世間はさわぎ
  かすりと背広は また涙