ひ と り 酒 場 で
歌 ジョン
作詩 吉川静夫  作曲 猪俣公章
昭和44年 
1 ひろい東京に ただ一人
  泣いているよな 夜が来る
  両手でつつむ グラスにも
  浮かぶいとしい 面影よ
  夜の銀座で 飲む酒は
  なぜか身にしむ 胸にしむ


2 嘘で終わった 恋なんか
  捨てて忘れて しまいたい
  男の意地も おもいでも
  流せ無情の ネオン川
  夜の銀座で 飲む酒は
  なぜか身にしむ 胸にしむ


3 暗い東京の 酒場でも
  夢があるから 酔いにくる
  今夜はとても 淋しいと
  そっとあの娘が 言っていた
  夜の銀座で 飲む酒は
  なぜか身にしむ 胸にしむ