お ば こ 船 頭 さ ん
 歌 かつかつ
作詩 吉川静夫  作曲 吉田 正
昭和31年 
1 おばこナー
  おばこ船頭さんは 十三、七つ
  あやめ咲くころ お嫁いり
  なにが哀しゅてョ ざんざら真菰
  月の夜船の
  月の夜船の かげで泣く


2 ここらー
  こころあたりが 千鳥の宿か
  唄で櫓を漕ぎゃ 眼をさます
  風にさやさやョ 葦の葉ゆれて
  ながれまかせの
  ながれまかせの 船がゆく


3 おばこなー
  おばこ船頭さんは うす紅つけて
  誰にしのんで 逢いにゆく
  うわさ気にすりゃョ 灯りがにじむ
  波に水藻の
  波に水藻の 花が咲く