月 の 法 善 寺 横 丁
 歌 小林 清
作詩 十二村哲  作曲 飯田景応
昭和35年 
1 包丁一本 さらしに巻いて
  旅へ出るのも 板場の修業
  待ってて こいさん
  哀しいだろが
  あゝ 若い二人の
  想い出にじむ 法善寺
  月も未練な 十三夜

   「こいさんが、わてをはじめて法善寺へつれて
   来てくれまったのは『藤よ志』に奉公に上がっ
   た晩やった。はよう立派な板場はんになりいや
   云うて、長いこと水掛不動さんにお願いしてく
   れはりましたなあ。あの晩から、わては、わて
   は、こいさんが好きになりました」

2 腕をみがいて 浪花に戻りゃ
  晴れて添われる 仲ではないか
  お願い こいさん
  泣かずにおくれ
  あゝ いまのわてには
  親方はんには すまないが
  味の暖簾にゃ 刃が立たぬ

   「死ぬ程苦しかったわてらの恋も、親方はんは
   許してくれはった。あとはみっちり包丁の修業
   をつんで一人前の料理人になることや。な、こ
   いさん。待っててや。ええな、こいさん」

3 意地と恋とを 包丁にかけて
  両手あわせる 水掛不動
  さいなら こいさん
  しばしの別れ
  あゝ 夫婦善哉
  想い出横丁 法善寺
  名残りつきない 灯がうるむ