惜 別 の 唄
歌 都倉あきお
作詩 島崎藤村  作曲 藤江英輔
昭和36年 
1 遠き別れに たえかねて
  この高殿(たかどの)に登るかな
  悲しむなかれ わが友よ
  旅の衣(ころも)をととのえよ


2 別れといえば 昔より
  この人の世の  常なるを
  流るる水を 眺むれば
  夢恥ずかしき 涙かな


3 君がさやけき 瞳(め)の色も
  君くれないの 唇も
  君がみどりの 黒髪も
  またいつか見ん この別れ