春 の 舞 妓

作詩 萩原四朗  作曲 大久保徳二郎
昭和24年

イラスト制作 コバヤシ キヨシさん
1 十六の 胸の痛みは 加茂川の
  蓬の香より 来るという
  人の話に つまされました
  春は羞かし 京舞妓


「丘の上の白い校舎よ、さようなら
 なつかしい制服を脱ぎ、クラスメー
 トに別れて、わたしはとうとう舞妓
 になった。あけて十六。ああ、わた
 しの胸にも、そして加茂の河原にも…
 人の世の春は、訪れて来たのだわ。」


2 顔見世の のばりはためく 雪の朝
  訣れの小指 ちぎりしを
  思い出しては 泣きぬれました
  遠い儚い 人の影


「あの方の事は、もう忘れましょう。
 考えていると、堪らなくなってくる。
 どうせわたしは、人のおもちゃの京
 人形。恋などできる身分じゃないわ。」


3 十六の 春が来るのに 匂うのに
  八坂の鳩と たわむれて
  夢はかいなく 棄てさりました
  朱(あか)いおこぼの 京人形