森 の 水 車
歌 小林 清
作詩 清水みのる  作曲 米山正夫
昭和17年
1 緑の森の彼方から 陽気な歌が聞えます
  あれは水車のまわる音 耳をすましてお聞きなさい
  コトコト コットン  コトコト コットン
   ファミレドシドレミファ コトコト コットン
   コトコト コットン 仕事にはげみましょう
   コトコト コットン コトコト コットン
   いつの日か  楽しい春がやって来る


2 雨の降る日も風の夜も 森の水車は休みなく
  粉挽臼の拍子取り 愉快な唄をつづけます
  コトコト コットン コトコト コットン
  ファミレドシドレミファ コトコト コットン
  コトコト コットン 仕事にはげみましょう
  コトコト コットン コトコト コットン
  いつの日か 楽しい春がやって来る


3 もしもあなたが怠けたり 遊んでいたくなったとき
  森の水車の歌声を ひとり静かにお聞きなさい
  コトコト コットン コトコト コットン
  ファミレドシドレミファ コトコト コットン
  コトコト コットン 仕事にはげみましょう
  コトコト コットン コトコト コットン
  いつの日か 楽しい春がやって来る

 >