木 曽 ぶ し 三 度 笠
歌 小林 清
作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和35年
1 やくざ渡世の 白無垢鉄火
  ほんにしがねぇ 渡り鳥
  木曽の生れョ 仲乗り新三
  いつか水棹を
  いつか水棹を 長脇差に
  *木曽のナー仲乗りさん
   木曽の御嶽さんは ナンジャラホイ
   夏でも寒いヨイヨイヨイ
   ハアヨイヨイヨイノ ヨイヨイヨイ


2 木曽のかけ橋 太田の渡津(わたし)
  越えて鵜沼(うぬま)が 発ちにくい
  娘ごころが しん底不びん
  などと手めえも
  などと手めえも 惚れたくせ
  *袷ナー仲乗りさん
   袷やりたや ナンジャラホイ
   足袋をそろえて ヨイヨイヨイ
   ハアヨイヨイヨイノ ヨイヨイヨイ


3 盆がまた来た 今年の盆の
  男涙にゃ 血がまじる
  にんまり笑った 笑いがすっと
  引いて悲しい
  引いて悲しい 山の月