み れ ん 峠
歌 加賀国一郎
作詩 東条寿三郎  作曲 吉田矢健治
昭和31年 
1 想い切る気で 峠を股ぎゃ
  又もきそうな 雨模よう
  急がず行かしゃれ
  ナイハーナイ 涙がおちる
  ましてそこらは まわりみち


2 咲くとみせかけ はらりと散った
  さんさ山家の 一夜妻
  あきもあかれも
  ナイハーナイ したのじゃないか
  今日の別れの 何としょう


3 忘れまいとて 後ふりむけば
  うるむ峠の 紺がすり
  さぞや辛から
  ナイハーナイ この手が届きゃ
  抱いてかかえて 送ろもの