勘 太 郎 月 夜 唄
歌 ジョン
作詩 佐伯孝夫  作曲 清水保雄
昭和18年
1 影か柳か 勘太郎さんか
  伊那は七谷 糸ひく煙り
  棄てて別れた 故郷の月に
  偲ぶ今宵の ほととぎす


2 形(なり)はやくざに やつれていても
  月よ見てくれ 心の錦
  生まれ変わって 天龍の水に
  うつす男の 晴れ姿


3 菊は栄える 葵は枯れる
  桑を摘む頃 逢おうじゃないか
  霧に消え行く 一本刀
  泣いて見送る 紅つつじ