縁があったらまた逢おう
 歌 オニツラ
作詩 矢野 亮  作曲 船村 徹
昭和31年 
1 あばよさよなら 港のかもめ
  海が呼ぶから 俺らはゆくぜ
  親の代から マドロス稼業
  胸ににじんだ 潮の香りは
  一夜じゃぬけぬ
  ああ あてさえないが
  御縁があったら また逢おう


2 あばよさよなら 港のかもめ
  無理に作った 小粋な笑顔
  波止場出るまじゃ くずさぬものさ
  ひとりしょんぼり やけに淋しい
  あの娘(こ)のすがた

 ああ そむいた瞳
 のぞいちゃいけない 仁義だぜ


3 あばよさよなら 港のかもめ
  どうせつなげぬ ちぎれたテープ
  未練残さず 波間にすてて
  別れ汽笛を 思い切りよく
  鳴らしておくれ
  ああ マドロスさんは
  錨をあげたら 海のもの