十 三 夜
歌 てんてん
作詩 石松秋二  作曲 長津義司
昭和16年
1 河岸の柳の 行きずりに 
  ふと見合せる 顔と顔 
  立止まり 懐しいやら 
  嬉しやら 青い月夜の 
  十三夜


2 夢の昔よ 別れては   
  面影ばかり 遠い人   
  話すにも 何から話す 
  振袖を 抱いて泣きたい 
  十三夜


3 空を千鳥が 飛んでいる 
  今更泣いて なんとしょう 
  さよならと こよない言葉 
  かけました 青い月夜の 
  十三夜