す み だ 川
 歌 和歌富一
作詩 佐藤惣之助  作曲 山田栄一
昭和12年
1 銀杏がえしに 黒繻子かけて
  泣いて別れた すみだ川
  思い出します 観音さまの
  秋のの日暮れの 鐘の声


   「あゝそうだったわねえ、あなたが二十歳、わ
  たしが十七の時よ。いつも清元のお稽古から帰っ
  て来ると、あなたは竹谷の渡し場で待っていてく
  れたわねえ。
  そして二人の姿が水に映るのを眺めながらニッコ
  リ笑って淋しく別れた、本当に儚い恋だったわね
  え」


2 娘心の 仲見世歩く
  春を待つ夜の 歳の市
  更けりゃ泣けます 今戸の空に
  幼馴染の お月様


  「あれから私が芸者に出たものだからあなたは逢
  ってくれないし、いつも観音様へお詣りする度に
  廻り道してなつかしい隅田のほとりを歩きながら
  一人で泣いていたの。

  でも、もう泣きますまい。恋しいと思っていた初
  恋のあなたに逢えたんですもの。
  今年はきっときっと嬉しい春を迎えますわ」


3 都鳥さえ 一羽じゃ飛ばぬ
  むかし恋しい 水の面
  逢えば溶けます 涙の胸に
  河岸のの柳も 春の雪