裏 町 夜 曲
歌 加賀国一郎
作詩 杉江 晃  作曲 山口 進
昭和29年
1 お前が馬鹿なら 俺も馬鹿
  馬鹿を承知で なぜ惚れた
  おちて流れた この裏町が
  今じゃ二人の 仮の宿


2 泣かずにおくれと いいながら
  いつか俺らも 泣いていた
  どうせ日陰の 二人のさだめ
  風よなぶるな いまさらに


3 お前が飲むなら 俺も飲む
  飲んで悩みが 消えるなら
  消えるものかよ この裏町の
  暗い灯りが さすかぎり