三 百 六 十 五 夜
歌 孫すずめ
作詩 西条八十  作曲 古賀政男
昭和23年
1 みどりの風に おくれ毛が
  やさしくゆれた 恋の夜
  初めて逢(お)うた あの夜の君が
  今は生命(いのち)を 賭ける君

2 たそがれ窓に 浮かぶのは
  いとしき人の 旅すがた
  我ゆえ歩む 道頓堀の
  水の夕陽が 悲しかろ 

3 鈴蘭匂う 春の夜
  灯(ともしび)うるむ 秋の夜
  泣いた 三百六十五夜の
  愛の二人に 朝が来る
 
index