別 れ の 一 本 杉
歌 はまなす
作詩 高野公男  作曲 船村 徹
昭和30年
1 泣けた 泣けた
  堪えきれずに 泣けたっけ
  あの娘(こ)と別れた 哀しさに
  山のかけすも 啼いていた
  一本杉の 石の地蔵さんのヨ
  村はずれ

2 遠い 遠い
  想い出しても 遠い空
  必ず東京へ 着いたなら
  便りおくれと 云った娘(ひと)
  りんごのような 赤い頬っぺたのヨ
  あの涙


3 呼んで 呼んで
  そっと月夜にゃ 呼んでみた
  嫁にもゆかずに この俺の
  帰りひたすら 待っている
  あの娘はいくつ とうに二十はヨ
  過ぎたろに


index