歌 加賀国一郎
筑子の竹は七寸五分じゃ 
長いは袖のカナカイじゃ
まどのサンサもデデレコデン
はれのサンサもデデレコデン


向の山に啼く鵯は 
啼いては下がり啼いては上がり
まどのサンサもデデレコデン
はれのサンサもデデレコデン


踊りたか踊れ泣く子をいくせ 
ササラは窓の許にある
まどのサンサもデデレコデン
はれのサンサもデデレコデン