おさげと花と地蔵さんと
歌 夏目露男
作詩 東条寿三郎  作曲 細川潤一
昭和32年 
1 指をまるめて のぞいたら
  黙ってみんな 泣いていた
  日ぐれの空の その向こう
  さようなら
  呼べば遠くで さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと


2 あれから三年 もう三月
  変わらず今も あのままで
  空見て立って いるのやら
  さようなら
  耳をすませば さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと


3 なんにもいわずに 手をあげて
  爪立ちながら 見てたっけ
  思いはめぐる あかね空
  さようなら
  呼べばどこかで さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと