背景 http://www.suisai.net/

あ れ が 岬 の 灯 だ
歌 かつかつ
作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和35年 
1 あれが岬の灯(ひ)だ
  赤いじゃないか
  岬まわれば故郷(こきょう)の港
  夜霧が降って やさしくうるんで
  あの娘(こ)の呼んでる 声がする


2 夢に見た見た灯だ
  いとしじゃないか
  波もうたうぜ馴染みの唄を
  あの娘にゃ言わぬ つもりだけれど
  身にしむ苦労も して来たぜ


3 忘れられない灯だ
  泣かすじゃないか
  ひろい肩幅 しまったからだ
  噂じゃすごい 男か知らぬが
  あの娘がおいらを 変えたのさ