弁 天 小 僧
歌 MVM MASA
作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和30年
1 牡丹の様な お嬢さん
  シッポ出すぜと 浜松屋
  二の腕かけた 彫物の
  桜にからむ 緋縮緬(ひぢりめん)
  しらざァいって 聞かせやしょう
  オット俺らァ 弁天小僧菊之助


2 以前を言いゃ 江の島で
  年期づとめの お稚児さん
  くすねる銭も だんだんに
  とうとう 島をおわれ鳥
  噂に高い 白波の
  オット俺らァ 五人男のきれはしさ


3 着なれた花の 振袖で
  髪も島田に 由比ヶ浜
  だまして取った 百両も
  男とばれちゃ 仕方がねえ
  つき出せなせえ どこへなと
  オットどっこい サラシは一本切ってきた


4 素肌にもえる 長襦袢
  縞の羽織も 南郷に
  着せかけられて 帰りしな
  にっこり被(かむ)る 豆しぼり
  鎌倉無宿 島育ち
  オットどっこい 女にしたい菊の助