愛 染 夜 曲
歌 夏目露男
作詩 西条八十  作曲 万城目 正
昭和14年
1 愛染かつらの 咲く春を
  なんで嵐が またねたむ
  涙たたえて 山ぐらし
  今日も夕日が さみしかろ


2 白樺並木に 風たてば
  友の情けに ただ泣ける
  わたくし故に あきらめて
  君は帰るか 波の上


3 嵐に吹雪に たたかれて
  空を旅ゆく 愛の鳥
  こらえておくれよ 今しばし
  あわれ雲間の 子守唄


4 仰げば行く手の 大空に
  きよくかがやく 夫婦星
  離れぬ誓いの ふたりなら
  なんお浮世の 花茨(はないばら)

index