高 原 列 車 は 行 く
歌 歌じい
作詞 丘灯至夫  作曲 古関裕而
昭和29年
1 汽車の窓から ハンケチ振れば
  牧場の乙女が 花束なげる
  明るい青空 白樺林
  山越え 谷越え はるばると
  ララララ ララ ララララララ
  高原列車は ラララララ 行くよ


2 みどりの谷間に 山百合揺れて
  歌声ひびくよ 観光バスよ
  君らの泊りも 温泉(いでゆ)の宿か
  山越え 谷越え はるばると
  ララララ ララ ララララララ
  高原列車は ラララララ 行くよ


3 峠を越えれば 夢見るような
  五色(ごしき)の湖 飛び交(こ)小鳥
  汽笛も二人の しあわせうたう
  山越え 谷越え はるばると
  ララララ ララ ララララララ
  高原列車は ラララララ 行くよ