冬 の 夜
歌 歌じい
尋常小学校唱歌
明治45年
1 燈火近く 衣縫う母は
  春の遊びの 楽しさ語る
  居並ぶ子どもは 指を折りつつ
  日数かぞえて 喜び勇む
  囲炉裏火は とろとろ
  外は吹雪


2 囲炉裏のはたに 縄なう父は
  過ぎしいくさの 手柄を語る
  居並ぶ子どもは ねむさ忘れ
  耳を傾け こぶしを握る
  囲炉裏火は とろとろ
  外は吹雪