さくら貝の歌
歌 夏目露男
作詩 土屋花清  作曲 八州秀章
昭和24年
1 美(うるわ)しき 桜貝一つ
  去り行ける 君にささげん
  この貝は 去年(こぞ)の浜辺に
  われ一人 拾いし貝よ


2 ほのぼのと うす紅染むるは
  わが燃ゆる さみし血潮よ
  はろばろと かよう香りは
  君恋うる 胸のさざなみ


  ああなれど 我が想いは儚く
  うつし世の なぎさに果てぬ