山 の け む り
歌 富士三郎
作詩 大倉芳郎  作曲 八州秀章
昭和27年
1 山の煙の ほのぼのと
  たゆとう森よ あの道よ
  幾年(いくとせ)消えて 流れゆく
  想い出の ああ 夢のひとすじ
  遠くしずかに ゆれている


2 谷の真清水(ましみず) 汲み合(お)うて
  ほほえみ交し 摘んだ花
  山鳩の声 聴きながら
  行きずりの ああ 君とともに
  下りた峠の はろけさよ


3 山の煙の たそがれに
  別れた人の うしろ影
  あとふりかえり 手を振れば
  うすれゆく ああ 淡い夕日が
  染めた茜(あかね)の なつかし