愛 国 の 花
歌 都倉あきお
作詩 福田正夫  作曲 古関裕而
昭和13年

1 真白き富士のけだかさを
  こころの強い楯として
  御国につくす女等は
  輝く御代の山ざくら
  地に咲く匂い国の花

2 勇士の後をあとを雄々しくも
  家をば子をば守りゆく
  優しい母や、また妻は
  まごころ燃える 紅桜
  うれしく匂う国の花


3 御稜威のしるし菊の花 
  ゆたかに香る日の本の 
  女といえど生命がけ 
  こぞりて咲いて美しく 
  光りて匂う国の花