船 方 さ ん よ
歌 夏目露男
作詩 門井八郎  作曲 春川一夫
昭和32年 
1 オーイ船方さん 船方さんよ
  土手で呼ぶ声 聞こえぬか
  姉さかぶりが 見えないか
  エンヤサーと 回して
  止めておくれよ 船足を
  船足を


2 オーイ船方さん 船方さんよ
  夕べ一節 聞かせたは
  河原すすきの つなぎ舟
  エンヤサーと 帆をあげ
  後は白波 つれなかろ
  つれなかろ


3 オーイ船方さん 船方さんよ
  月の出潮を 忘れずに
  早寝千鳥を 起こさずに
  エンヤサーと 流して
  人目しのんで 来ておくれ
  来ておくれ