赤 い ブ ラ ウ ス
歌 夏目露男
作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和39年
1 別れ夜汽車は 汽笛(ふえ)さえ泣いて
  遠くなりゆく プラットホーム
  赤いブラウス さよならしばし
  いつまで逢えない 二人じゃないに
  なぜに涙の 信号燈


2 一人しおしお 帰ってゆくか
  あの娘いまごろ 夜更けの街を
  赤いブラウス いとしゅてならぬ
  小さな肩先 ふるわせながら
  星に祈るか 逢える日を


3 待っていますと 笑ってくれた
  顔がまた浮く 夜汽車の窓を
  赤いブラウス 濡らすな夜霧
  死ぬも生きるも いっしょの二人
  なんで誓いが 忘らりょか

index