錆 び た ナ イ フ
歌 団塊野郎
作詩 萩原四朗  作曲 上原賢六  
昭和33年
1 砂山の砂を 指で掘ってたら
  まっ赤に錆びた
  ジャックナイフが 出て来たよ
  どこのどいつが 埋めたか
  胸にじんとくる 小島の秋だ


2 薄情な女を 思い切ろうと
  ここまで来たか
  男泣きした マドロスが
  恋のなきがら 埋めたか
  そんな気がする 小島の磯だ


3 海鳴りはしても 何も云わない
  まっ赤に錆びた
  ジャックナイフが いとしいよ
  俺もここまで 泣きに来た
  同じ思いの 旅路の果てだ