大 阪 ぐ ら し
歌 懐メロパパ
作詩 石浜恒夫  作曲 大野正雄
昭和39年 
1 赤い夕映え 通天閣も
  染めて燃えてる 夕陽が丘よ
  娘なりゃこそ 意地かけまする
  花も茜の 夾竹桃


2 がたろ横町で 行き暮れ泣いて
  ここが思案の 合縁奇縁
  おなごなりゃこそ 願かけまする
  恋の思案の 法善寺


3 坂田三吉 端歩もついた
  銀が泣いてる 勝負師気質
  めおとなりゃこそ 世話かけまする
  おれも泣いてる 胸のうち


4 夕は夕凪 夕凪千鳥
  鴎啼け啼け 大阪ぐらし
  男なりゃこそ 夢かけまする
  明日の才覚 土性っ骨

index