男 の 友 情
男 富士三郎
作詩 高野公男  作曲 船村 徹
昭和31年
1 昨夜(ゆんべ)も君の 夢見たよ
  何の変わりも ないだろね
  東京恋しや 行けぬ身は
  背伸びしてみる 遠い空
  段々畑の ぐみの実も
  あの日のままに うるんだぜ


2 流れる雲は 千切れても
  いつも変わらぬ 友情に
  東京恋しや 逢いたくて
  風にきれぎれ 友の名を
  淋しく呼んだら 泣けてきた
  黄昏紅い 丘の道


3 田舎の駅で 君の手を
  ぐっと握った あの温み
  東京恋しや 今だって
  男同士の 誓いなら
  忘れるものかよ この胸に
  抱きしめながら いる俺さ