刃 傷 松 の 廊 下

歌 風かおる
作詞 藤間哲朗  作曲 桜田誠一
昭和36年
1 勅使下向の 春弥生
  いかに果たさん 勤めなん
  身は饗応(きょうおう)の 大役ぞ
  頼むは吉良と 思えども
  彼(か)の振舞の 心なき

  ※各々方 各々方 お出合いそうらえ
   浅野殿 刃傷でござるぞ


2 積る遺恨を 堪忍の 
  二字で耐えたる 長矩(ながのり)も
  武士には武士の 意気地あり
  刃(やいば)に及ぶ 刃傷の
  血涙悲し 松の廊下


  ※おはなし下され 梶川殿 五万三千石
   所領も捨て 家来も捨てての刃傷でござ
   る 武士の情けをご存じあれば その手
   はなして今一太刀 討たせて下され梶川   どの……


3 花の命を さながらに
  赤穂三代 五十年
  浅野の家も これまでか
  君君たらずとも 臣は臣
  許せよ吾を この無念