愛 の 小 窓
 歌 夏目露男
作詩 佐藤惣之助  作曲 古賀政男
昭和11年
1 花の都に 身をすねて
  若きいのちを 散らすやら
  夜のちまたを 流れゆく
  君がパイプの ああ うすけむり

2 街のホールで 見る月は
  弱いむすめの 泣く涙
  夢の光も さびしげに 
  なぜか今宵も ああ 更けてゆく

3 つゆの月草 やるせなく
  夜ごとやつるる この胸に
  待てど暮らせど かの君は
  今日もかえらぬ ああ 雨の音

4 乙女ごころの くれないに
  もえてはかなき 小夜嵐
  愛の小窓を 開きつつ
  あつい涙で ああ 君を待つ