名 月 佐 太 郎 笠
 歌 夏目露男
作詩 松坂直美  作曲 古賀政男
昭和30年
1 あれを御覧よ 浅間の空に
  渡り鳥さえ 一羽じゃないか
  未練のこしちゃ 男がすたる
  月も今夜は ひとり旅


2 雁が来る頃 俺らも帰る
  無事で暮らせよ 叉逢う日まで
  泣いて見送る あの娘の肩に
  投げて一節 三度笠


3 宿場宿場に 浮名をちらし
  むすぶ草鞋の 街道やくざ
  笠にかくした 泪の顔に
  またも一雨 旅しぐれ