俺 は 待 っ て る ぜ
歌 樫浦武雄
作詩 石崎正美  作曲 上原賢六  
昭和32年
1 霧が流れて むせぶよな波止場
  思い出させてヨー また泣ける
  海を渡って それきり逢えぬ
  昔馴染みの こころと心
  帰り来る日を ただそれだけ
  俺は待ってるぜ


2 ドラの響きも やるせなく消えて
  泣いて未練をヨー 告げるのに
  可愛いお前にゃ いつまた逢える
  無事でいるなら せめての便り
  海のかもめに たくしておくれ
  俺は待ってるぜ