東京ナイトクラブ
歌 風かおる

作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和34年

イラスト作成 コバヤシ キヨシさん
1 なぜ泣くの 睫毛がぬれてる
  好きになったの もっと抱いて
  泣かずに踊ろよ もう夜もおそい
  わたしが好きだと 好きだといって
   フロアは青く仄暗い    
   とても素敵な 東京ナイト・クラブ


2 もうわたし 欲しくはないのね
  とても可愛い 逢いたかった
  男は気まぐれ そのときだけね
  うるさい男と 言われたくない
  どなたの好みこのタイは  
  やくのはおよしよ 東京ナイト・クラブ


  泣くのに弱いぜ  そろそろ帰ろう
  そんなのいやよ ラストまで
  踊っていたいの 東京ナイト・クラブ 


index