さ ざ ん か の 宿
歌 夏目露男
作詞 吉岡 治  作曲 市川昭介
昭和57年
1 くもりガラスを 手で拭いて
  あなた明日が 見えますか
  愛しても 愛しても
  あゝ他人の妻
  赤く咲いても 冬の花
  咲いてさびしい さざんかの宿

2 ぬいた指輪の 罪のあと
  かんでください 思いきり
  燃えたって 燃えたって
  あゝ他人の妻
  運命かなしい 冬の花
  明日はいらない さざんかの宿

3 せめて朝まで 腕の中
  夢を見させて くれますか
  つくしても つくしても
  あゝ他人の妻
  ふたり咲いても 冬の花
  春はいつくる さざんかの宿

index